CCNAスクールの悪い評判ってどんな内容? 損をしないための見分け方

CCNAはネットワーク関連企業が注目している資格であるため、転職を検討している方におすすめできます。
独学でCCNAを取得することもできますが、ネットワークエンジニアとしての経験や知識がない場合、スクールに通う方が懸命です。
では評判の良いスクールとは、どのようなところでしょうか?
少なくとも以下の5つの条件をクリアしているスクールであれば、評判の良いスクールと言えます。

  • 講師の水準が高い
  • 1ヶ月でCCNAを取得させてくれるスクール
  • 授業料が安い
  • 企業とのコネクションがある
  • 就職先まで紹介してくれる

様々な講師が在籍しているスクール

スクールを構成している講師の存在はなによりも重要なファクターになりますが、在籍する講師たちはバランスが取れている必要もあります。
以下のような2タイプの講師が揃っているのが、ベストと言えます。

  • 短期間でCCNAを取得した経験がある
  • ネットワークエンジニアとしての実務経験がある

1人が2つの条件に適っていても問題がありませんが、2つの特徴を複数の講師が持っている方が良いでしょう。

CCNAなどのCisco認定の資格を短期間で取得した経験がある

現職に就きながらCCNAについて学ぶ方、退職してからネットワークについて学ぶ方など、個人個人で転職までのプロセスは異なるかもしれません。
どのような選択であっても、ネットワーク業界へ転職しようと考えている場合、できる限り早くCCNAの資格を取得したいと思われるはずです。

短期間でCCNAを取得した講師が在籍しているスクールは、転職希望者が短い時間で資格取得に至るプロセスを経験済みであるため、効果的な教え方をすることができます。

ネットワークエンジニアとしての経験を持っている

CCNAはCiscoの認定資格として有効ですが、資格取得がゴールではありません。
転職後、実際にネットワークエンジニアとして働いていかなければならず、スクールで実務に活かせる知識や技術を学ぶ必要があります。
この点で、実際にネットワークエンジニアとして実務経験のある講師がいるかは大きな差となります。

1ヶ月でCCNAを取得させてくれるスクール

20代の方が自己都合で転職する場合、通常失業保険をもらうことはできません。
そのため少しでも早く資格を取得し、転職を成功させる必要があるでしょう。
ですからスクール全体として、これまでに短期間でCCNAを取得させてきた実績があるかという点も重要な条件になります。

スクールを選ぶ際は、これまでにどれくらいの生徒が1ヶ月でCCNAを取得してきたかを調べるようにしてください。
実績があるスクールはノウハウを持っているため、安心して通うことができます。

授業料が安いスクール

CCNAのスクールは全体的に、授業料は高めに設定されています。
ほとんどのスクールでは、CCNA資格取得までの授業料が15万円ほどであり、時間が長くなればなるほどさらに高額になっていきます。

義務教育を終えてから専門的な知識を学ぶためにスクールに通うのであれば、時間がかかっても問題ないかもしれません。
しかし転職となると、すでに生活費などの支払があるため、なるべく授業料が安い方が現実的でしょう。

企業とのコネクションがある

スクールの中には、普段から講師を企業に派遣しているところもあります。
こうしたスクールであれば企業との太いコネクションがあります。

企業とのコネクションは最新の情報につながる

経営のみを行っているスクールの場合、進歩し続けるネットワークの世界から少し遅れてしまう可能性があります。
しかし講師を企業に派遣しているスクールであれば、現場のネットワークで起きている問題や変更についての情報がすぐに入ってきます。
こうした情報は資格取得だけでなく、今後のITエンジニアとしての幅を広げるために必要な情報です。
日々進化し続けるネットワーク技術についていくためには、リアルタイムの情報を取り入れられるスクールが良いです。

企業の支援があるスクールは授業料が安い

4つ目の条件でも説明しましたが、授業料はスクールによって大きく異なります。
少しでも安いスクールを選択したいものですが、企業とのコネクションを持っている場合は授業料がかなり安くなっています。

中にはテキストブックや授業料を完全に無料で提供しているスクールもあります。
こうしたスクールは、企業からの金銭的な支援を受けているため、無償でCCNA資格取得の援助を行なえるわけです。
ですから事前にスクールがどれほど企業と提携しているのか、コネクションがどれだけ太いのか調べるようにしましょう。
この方法で評判の良いスクールを見分けられます。

就職先まで紹介してくれる

ITエンジニアへの転職を検討している場合、一旦退職する事になるため、再就職についても検討しなければなりません。
スクールでCisco認定資格CCNAを取得したとしても、なかなか転職先が見つからないと、生活ができなくなってしまいます。
少しでも早く収入を確保するために、就職先を紹介してくれるスクールを選ぶ必要があります。

日本全国にCCNA取得のための学校がありますが、就職先まで紹介してくれるところは多くありません。
少ないながら転職のリスクを少しでも小さくするため、スクールが転職先まで考慮してくれているところもあります。
このようなスクールの場合、通っている生徒からの評判も非常に良くなります。

転職先を紹介できるスクールとは?

先程も説明しましたが、企業とのコネクションがあるスクールは、企業へ直接生徒を売り込むことが可能です。
さらに企業から最新の求人情報を受け取ることができる上に、企業が必要としている人材についても把握できます。

さらに就職先を提案できるスクールには、專門の転職コンサルタントも在籍しているものです。
スクールを決める際は、企業がどれくらいスクールの経営に関わっているのか、生徒がどこに就職しているのか事前に調べるようにしてください。
提携している企業の数が多ければ多いほど、転職できるタイミングが早くなりますし、転職先を選べる自由度も上がります。

全ての条件をクリアしているスクールの評判が良い

20代の方がITエンジニアとして転職する時には、経済的にリスクがあるものです。
ゆっくりネットワークについて学ぶ時間も、転職先をじっくり探す時間もないかもしれません。
ですからスクールを選ぶ時には、記事でご紹介した5つの条件をクリアしているスクールを選ぶようにしてください。
評判の良いスクールを選ぶなら、Cisco認定資格CCNAを取得した後の転職までの流れが非常にスムーズになります。